読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

メモ:ロングショートネタ アパレル小売

儲かる株

去年の後半、日経新聞の小さな囲み記事でスタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の前澤社長が「消費者が衣服をネットで買うという選択をするということは、アパレルの店員が生み出している付加価値は低いということ」のようなニュアンス(私の理解ね)のことを述べていらした(元ネタ検索しても見つけられませんでした)。

この記事を読んで
あ、そうか。ZOZOTOWNはアパレルショップと競合してるんだ。ということに今さら気づいた。同社が上場したのが2007年。。ホントに今さらですな(笑)。同社の時価総額、既に三越伊勢丹を超えてるやん。(1月26日終値ベース スタートトゥデイ 6800億円、三越伊勢丹HD 5100億円)

それ以来、百貨店や商業集積地に行くとZOZOTOWNに顧客が流れていきそうなお店、アパレル会社を探すようになった。

というわけで、

候補
3092 スタートトゥデイ

候補
固定費の高そうなアパレルショップやってるところ
ショップ、スタッフの生み出している付加価値が低いところ

これってショールーミングってやつだよね。この記事書いてて思いだした。

ショールーミング - Wikipedia

これに類似したロングショート、まだまだありそうだね。

経営者を見て株を買うという話。

儲かる思考の記録

なぜ創業者が大株主として経営する会社の方を買いたいか。

自分の車を運転する場合とレンタカーを運転する場合、どちらの方が上手にハンドリングできるか。大切にメンテナンスして乗るか。事故発生率が低いか。

マイホームに住む人と賃貸に住む人、どちらの方が家を丁寧に扱うか。自分の家の仕組みや周囲の環境を理解できているか。

会社も同じようなことかと。あと、創業者は逃げられないけど、雇われ社長は逃げられるからね。

 

手っ取り早い話をすると、以前創業者が経営する企業の方が株価の伸びが高い。という調査結果を読んだことがあるのよね。(出典見つからず。ごめんなさい)

 

リスクとしては創業者の分が時価総額にプレミアムとして乗っかってるので引退、死去などによって株価が下落する可能性はあるけれど、それは分散投資や社長の年齢や発言動向チェックでカバーできると考えている。

 

自分の例だけど、以前株で儲かってなかった時代は株主構成なんぞほとんど気にしてなかった。けど、経営者と株主構成を意識するようになってから株の成績は上がって来たぞ(もちろんその他にも要因はあるんだけど)。

 

 

f:id:kattauttamoukatta:20170125060408j:plain  f:id:kattauttamoukatta:20170125060403j:plain

会社四季報 2017年新春号より
左  ファーストリテイリングユニクロ)、右 東芝 

ロングショート 経営者(経営陣)の判断基準

儲かる株

ロングショートで株を売買する場合、その会社の経営者をチェックすることが多い。

主に見ることは3点。

1)年齢
2)創業社長かどうか
3)持ち株比率(とその推移)

ロングの場合こんな経営者だったら買いたい

1)30歳~60歳 会社の規模、歴史も含めて勘案。経営陣は多様性に富んでいるといと嬉し。
2)創業社長である
3)持ち株比率がトップであること。近年持ち株比率を落としてないこと。

ショートの場合はほぼ真逆で

1)経営トップが60歳以上。さらに経営陣も全員60歳以上。
2)雇われ社長。
3)大株主リストに経営陣の名前なし

 

序列はこんな感じ。
創業社長 >>(大きな差がついて)>> 実績あるプロ経営者(50歳以下が望ましい) > 同族系社長(大株主であること) > 内部昇格社長(大株主であること) > サラリーマン社長 > 金融機関からの天下り的社長   

 

ちなみに経営陣の年齢や簡単な経歴は四季報オンラインの有料版を利用すればすぐに確認できる。

 

 

メモ:ロングショートネタ 広告について

儲かる株

6047 グノシーが調子良いみたいね。

 

<マザーズ>Gunosyが1年7カ月ぶり高値 今期予想を上方修正

2017/1/16 9:56
[有料会員限定]
 
(9時50分、コード6047)大幅に続伸している。買い気配で始まり、前週末比324円(20%)高の1924円まで上昇した。2015年6月以来およそ1年7カ月ぶりの高値となる。13日の取引終了後、17年5月期の連結純利益が前期比82%増の11億円になる見通しだと発表した。従来予想は24%増の7億5100万円だった。スマートフォンスマホ)向けニュース配信アプリ「グノシー」や「ニュースパス」の利用者数の増加が寄与する。市場では大幅な上方修正を好感する買いが集まった。

ふと思ったんだけどロングショートネタ

買い候補
スマホを主戦場とする広告ビジネスモデルの会社(例 キュレーションメディアなど

売り候補
・オールドメディア
・大手広告代理店

まあ、今さらなんだそんなこと。と思われるんだろうけどね。

広告費って人間が時間を消化するところに流れて行くものだと思う。するとテレビの視聴時間がスマホに奪われている状況から上記のロングショートは長期に渡って機能するのかもなと。

漠然と考えていたことだったんだけどおぼろげながら道筋が見えたかなという感じ。

売り候補にはPCサイトでの広告課金がメインの会社も入るかも。4689ヤフーとか。

やれば結果につながるだろうなと思う投資方法

儲かる思考の記録 儲かる習慣 儲かる株

上場している小売り、外食などの企業で月次情報を公表している会社って多い。たぶん100社はあるんじゃないだろうか。

この数字を過去から数年分遡って追っかけて、1枚のエクセルシートにまとめる。それを業績や株価の動きと照らし合わせる。この(作業的)研究を今後2~3年続ける。

売買する銘柄はこのエクセルシートの中にある銘柄に限定すること。

すると自身の投資におけるリスク:リターン比が大きく変わる。勝てる幅はわからないけど少なくとも負けない投資家になれると思う。

 

何かの本だかサイトで読んだけど
夢を実現したい人1万人。実際に行動に移す人100人。継続する人1人。 だそうだ。

儲けたい人でこの記事読む人100人いるとして、これを実行する人1人もいないだろうなあ。だから書く。

 

 

ふと思ったこと(自分用メモ)

儲けられなかった失敗体験

今年の自分の投資成績は過去7年で一番低いパフォーマンスになりそう。

自分の得意領域は成長株への投資。

 

企業の発表する事業計画の実現可能性の評価。
収益構造の変化を人より早く気づけること。
社会構造の変化に伴うお金の流れの変化を予測すること。
業績のチェックや四季報の読み込みなどに時間を費やして地力をつけられること。
各種データの収集、加工などにより独自の分析を行えること。

 

今年のパフォーマンスが今一つなのはこれらのことを忘れて安定志向の投資手法、対象を求めすぎたことが原因かなと。

もっと攻めていいと思う。何を守ってるんだ自分。という今年の反省。

 

メモ:ロングショートネタ 9603HIS

儲かる株

今朝の日経より

 

HIS、安い旅今や守勢
今期最高益でも本業伸び悩み ネット勢台頭、テコ入れ急務

http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20161210&ng=DGKKZO10511610Z01C16A2TI1000

 

 

買い候補
6030 アドベンチャー
6191 エボラブルアジア

売り候補
9603 HIS

 

小売の輪の理論てやつかしら。
それにしても買い候補の2社PERから見ると高いなぁ。 

 

 

 

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。