買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

「投資ビジネスというのは、長期的に自分の勝率を高めていくことなんだ」その2

前回の続き。 kattauttamoukatta.hatenablog.com この件について、小宮一慶氏が著書 人生の原理 にて同様のことを書かれていたので紹介させていただく。 小さな意思決定を正しくできない人は、 大きな意思決定を正しくできることはない。 ランチメニューを決…

「投資ビジネスというのは、長期的に自分の勝率を高めていくことなんだ」

この本読了。 40兆円の男たち ──神になった天才マネジャーたちの素顔と投資法 作者: マニート・アフジャ 出版社/メーカー: パンローリング株式会社 発売日: 2015/02/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 記事タイトルは本書第2章ティム・ウォ…

相場の大敵はストレスだと思う。

今日、個人的な人間関係で結構ダメージを食らってしまい人生投げやりで相場は大投げ売り大会をやってしまいそうになってしまった。 相場に取り組む上でストレスコントロールは必須科目だなと改めて認識。 これがうまくできないと建玉管理も損切りもうまくい…

損失を出しているとき。ズルズルといく予感がするとき。に気を付けたいこと。

先週の金曜、昨日月曜と大きな損失を出した。 日経平均が今年の最高値を更新する中、自分は2営業日で投資口座の3%超を減らしてしまった。(まあ、ロングショートなので日経平均あまり関係ないんだけど。) あれ?このポートフォリオでこの方針でこの相場…

日経読んでて感じた投資機会

早いもので3月突入。1年の6分の1が経過したわけね。 毎月初めに今月こそ真面目にブログ更新するぞ。と思いを新たにしながら途中であきらめるということを繰り返している。さて、今月も同じようにいってみよう。 今朝の日経朝刊、マーケット総合1「スクラン…

何度も書いてるけど記録をつけておくことは相場上達の近道なのだと思うのよ。

過去の自分の売買記録やパフォーマンスの推移を見返すことがある。私の場合、かれこれ10年分の記録を残している。 私は新興株を含む中小型株中心のポートフォリオを組むことが多いのだが、例年2月上旬のパフォーマンスに苦労してきている。この理由について…

1年間は何時間?一生は何時間?残り何時間?

マルコムグラッドウェルの著書「天才!」(私的に良書だった)によると、音楽でも学問でもスポーツでも、物事で頭一つ抜けた存在になるには1万時間を突っ込む必要があるそうだ。 天才! 成功する人々の法則 作者: マルコム・グラッドウェル,勝間和代 出版社/…

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。