読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

プレジデント 別冊 新しい、お金の教科書について

今朝、近所のコンビニで見かけて買った雑誌。雑誌のプレジデント(月2回発刊)は定期購読してないが プレジデントが今回のように別冊にて特集している お金に関するものは参考になるので見かけると必ず買っている。一部の週刊誌のようにやたら誇張や煽りの単…

四季報は読み物です。 その3 商品知識と成績と

時間を作っては四季報を読み続けている。 牛歩の歩みながら、ようやく3分の2程度までたどり着いた。このことを友人に話をすると 四季報は引くもので読むものではないと変人扱いをされたwww ま、普通の発想でやってても勝機は少ないのが相場の世界。これ…

いったん本屋に行ったなら。

今日は海の日なのだが、海に行かずに本屋に行ってきた。欲しい本1冊を探しに行ったはずがこんな感じに買ってしまう。 本日買った本。今回は11冊。〆て9,757円なり。まあ、毎度のパターン。 給与の手取りが20万円なかった時代から書籍代は惜しまないルール。 …

四季報は読み物です。 その2 賢人たちの事例

先日当ブログに「四季報は読み物です。」を書いたが、前述の春山昇華さんのブログに四季報に関するこんな記事があるのでご紹介。春山昇華氏ブログ「豊健康活人生」- 四季報の利用例なるほど。株式投資の大御所 北浜流一郎センセも四季報発売週の週末は 四季…

四季報は読み物です。

7月13日に朝日新聞×会社四季報が開催している 個人投資家向けIRセミナーに行ってきました。 茅場町の東京証券会館にて12:30〜 来場者の大半がご年配のシニア投資家って印象。 四季報の山本編集長の基調講演がとても参考になりました。 去年のIRセミナーのも…

やろうやろうと思いつつ数年が経過してます。 その1‐(2)

前のブログで書いたように今日(あ、既に昨日か)は 「投資のクレド」の作成に取り掛かるつもりであった。が、昼前に協力をお願いしているシステム屋さんと打ち合わせがあり そのままランチ飲みに突入、さらに日本酒投入、そして〆ラーメンへと没入。 結果と…

ユダヤ人大富豪の教え 本田健著

1億円は自分の中ではやりたいことに向けての通過点ではあるのだけれども とはいえ今までにない金額の資産を持つことになって浮き足立ちそうなのも事実。 もうちょっとまともな人間になっておかないとまずいなと自覚。 そんなわけで今日読んだ本がこれ。ユダ…

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。