買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

相場のパフォーマンスと食べるものって関係あると思うのです。

以前、勤めていた会社で気づいたこと。
ランチにカレーライスを食べたら午後の仕事のパフォーマンスが高い。
ラーメンやうどんを食べたら午後のパフォーマンスがやたら落ちる。

その理由がわかったぞ。という本。

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

■個人的おススメ度(最高で★x5):★★★★★

先のテニスツアーファイナルで4連覇を飾ったジョコビッチ選手だが
数年前まで世界ランキング3位どまりが続き勝ち切れない時期が続いていた。

そんなある時、ある医師からの指摘で
自身が体質的に小麦への不耐性があることを知り(早い話小麦が合わない体質)
一定期間試しに小麦断ちの食生活へと切り替えた。。。

するとそこからジョコビッチ選手の身体的パフォーマンスが劇的に変わり
今の快進撃へと繋がった。というお話。

人類のかなりの割合で小麦(グルテン)が体質に合わない方いるみたい。

自分も多分だけどそうなんだと思う。先述のランチの話だけでなく、
出張で米食文化の国とパン食文化の国、仕事への情熱、集中力が全然違ったりするし。

相場やってると精神的なタフさが求められることがある。
集中力が高い方が有利でもある。企業研究の時など体力勝負の時もある。

とにかく心身のバランスが崩れると短絡的な売買をやっちゃったり
オーバートレードや弱気な建玉に繋がったりする。

自分の場合、麺類を食べたらトレードがいい加減になる感じ。
睡眠不足だとトレードが荒っぽくなる感じ。
カレーを食べた後は集中力があがり、着眼点も鋭くなる(気がする)。

そんなわけで食生活と生活のリズムを整えるって
投資の世界で勝ち残るのに大切な条件だと考える。

世界ナンバーワンテニスプレーヤーのジョコビッチ氏の本を読みながら
自分は何を食べて、どのように日々を過ごせばよいのか考えさせられた。

人間的に充実した生活を送った方が相場のパフォーマンスも充実するよな。
これって、テニスも相場も仕事も私生活も全てに通じる真理のような気がする。

相場で勝ちたいので食生活を真面目に考え直そう。
(ついでにダイエットにも良い本みたい。)

ジョコビッチの生まれ変わる食事

官製相場はOKで個人が株を売ったら相場操縦な世界に私たちは生きている。

2005年ごろに日本の株式市場で大活躍した村上ファンドの村上元代表に対し
相場操縦の疑いで証取委が強制捜査に入ったみたいね。

で、以下NHKのサイトからの抜粋。

村上元代表は、上場している複数の銘柄の株式を市場で大量に売って株価を意図的に下げるなどの相場操縦をした疑いがあるということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151125/k10010318991000.html

うーむ。詳細情報がわからないままの感想ですが、
株を大量に売ったら株価が下がるのは当たり前だし、
その後買い戻すにしても思惑が外れたら高く買い戻すことになるリスクを負う。
これって問題なのかな。正常な売買行為の範ちゅう内のような気がしてしまうのだが。。

この前上場した郵政3社とか、クジラの群れを放って市場を無理矢理底上げするような行為、
あれはOKなのね。日本市場。

大企業は放射能をまき散らしても国の支援を受けての延命措置。東芝的な粉飾決算
また新興企業群は上場ゴール。ここまで足を踏み入れたとしても別段のおとがめなし。

個人や零細組織にはセーフティネットは無く、イザとなったらハシゴが外される。
最悪の場合、ルールの適用範囲がいきなり変更され強制捜査がやってくる。

こんなハンディキャップ戦をやっているわけだ。ボク達は。

メルカリの決算がこんなところにあるなんて。

そしてこの内容で2度びっくり。メルカリの財務諸表は化け物か。な気分。

(第3期にして売上42億 粗利39億って)


ネット界隈でメルカリの決算公告が話題になってたから知った。
それにしてもみんなよくこんなところをウォッチしてるなあ。官報なんて見たことも無かったよ。

http://kanpou.npb.go.jp/20151124/20151124g00263/20151124g002630055f.html



で、最近の調子が気になったのでグーグルトレンドで見てみた。


圧勝じゃないかメルカリ軍は。
(もっとも、フリマとオークションの違いはあれど
PCの領域でヤフオクがガリバー的に立ちはだかってんだけど。)

上場いつするんだろね。米国に注力するらしいから後回しなのか。
それともそろそろキャッシュが必要っぽい気もするからIPOするのか

新興銘柄特にIT関連は苦手なのだけどメルカリは気になっている。

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。