株キチ日報

こんな感じで3億円up勝ち越し中。

小林洋行のFX移行に関する疑問

昨年暮れのニュースだけど小林洋行が商品先物からFXに業務の主軸を移す旨の報道があった。

(2009年12月28日)

小林洋行、FXを中核事業

小林洋行はこのほど、2010年2月28日付で商品先物取引の受託業務を廃止すると発表した。商品業界を取り巻く環境はさらに厳しさが増すとの認識から、事業内容を見直す必要があると判断。今後は、外国為替証拠金取引(FX)や店頭デリバティブ取引(CFD)の受託業務を主軸に置く。

(中略)

新体制化ではFXがコアビジネスとなる。FXは口座数、取引高、証拠金残高が増大しており、安定した成長分野と位置付ける。とくに、東京金融取引所の「くりっく365」は、個人投資家層に強い支持を得ている。

(後略)

引用元URL http://www.shohintokuho.com/gyokai_2009-12-28_1.html


私は商品先物の口座もFXの口座も持っていないのでこの業界のことはよくわからない。ただ、このニュースを読んで思ったのはナゼに小林洋行は既存の会社を使ってFXに軸足を移すのかってことである。

私の中での常識で考えると、今まで違うものを作っていた古い工場、システムに合わせて新しい生産設備入れるよりも、ゼロから建物、システムを組み上げて行った方が生産コスト、品質の面で何かと優位なことが多い。

一言でいうとスクラップアンドビルドってヤツである。工場に限らず会社でも同じことが当てはまると思う。

そんなわけで、今回の小林洋行のケースでも、既存の会社を使って商品先物からFXへの移行するよりも、新たに別会社を作ってそこでFXを新たに展開する方が合理的な気がしているんだけどな。

小林洋行のブランドが顧客にとって有効と判断したのか、顧客リストを引き継げるからなのか、従業員のスキルが商品先物とFX相通じるものがあるというのか。それともこれらとは別の何かがあるのか。

現時点で私にはハッキリ見えないが現時点ではショート候補リストに入れておこうと思う。

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。