読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

うねる銘柄とうねらない銘柄(2)

先週からの取り組みとして
うねり取りの対象銘柄を見つける、決めるために
四季報CD-R版を使って以下の条件でスクリーニングしてみました。

1)上場から10年以上経過している銘柄
2)時価総額200億円以上
3)貸借銘柄

上記条件だと候補が1000社を超えてしまいさすがにキツイので
さらに自分の興味のない業種、変化の激しそうな業種を削除しました。
すると800社までリストを絞り込めました。

とはいえまだまだ多いですね。

とりあえずテクニカル、チャートについてはほぼ素人なので
まずは目を慣らすべく800社分のチャートをPCのモニター上でチェックします。
(林輝太郎先生がお薦めしないやり方ではございますが。。)

「うねりとは何ぞや?」と考えながら見ているのですが
いや、マジでうねりって何なんですかね?
(本には書いてあるのですがまだ身につくには至ってません)

何はともあれ数をこなしていくつもりです。

  • -

儲勝太

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。