読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

週末のまとめ 売買記録の管理

どれだけ毎日が忙しくてもできるだけ翌朝までに、少なくとも毎週末には
一週間分の売買記録をエクセルに転記、整理しています。

ホントは毎日管理するのが望ましいのですが
たまにサボって週末の一括管理になってしまいます。

ネットから売買記録のCSVファイルをダウンロードして銘柄ごとにとりまとめ、
売買平均や過去からの流れをすぐに把握できるようにしています。
これは建玉管理の他にも損益計算も兼ねています。

過去の記録を見返す度に自分の記憶力の曖昧さを知ることができ
また、同じ過ちを繰り返すことが減らせる気がしています。

この売買記録の整理、2005年から始めて今までずっと続けています。
これをやらずにトレードをすることは怖くって考えられません。
底に穴の開いたバケツで水をくむようなものでしょうか。


専門用語では玉帳という呼び名もあるそうですね。
この前林輝太郎先生の本を読んでて知りました。

これが投資家の三種の神器のひとつ。だそうです。
(場帖、玉帳、資料の3つ)


株式売買をなさっている方で売買記録をつけてない方、
よほど派手に売った買ったをなさる方でもない限り
一日5分もかからないと思いますので始めてみてはいかがでしょうか。

これを行うことにより時給換算で少なくとも
数千円〜数十万円の恩恵が得られると思います。

  • -

儲勝太




場長、玉帳、グラフの書き方などが説明されている良書です。
最近林輝太郎先生の本を集中的に読んでます。

株式上達セミナー―これで成功は約束された

株式上達セミナー―これで成功は約束された

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。