読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

これを身につけると相場に強くなれる(気がする)。

儲かる思考の記録

まずは結論から。それは「再現性のある投資手法」。

私は株式投資で勝ち続けるためには「再現性の追求」が不可欠だと考えている。

相場は社会の経済活動や万物の影響を受けて日々刻々と変化している。
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。まさに相場も同じである。

しかしながら、そんな変化が続くマーケットに相対して利益を確保し続けるには
「再現性のある投資法」をいかに身につけけるか。である。
別の言い方をすると、勝ちパターン、必殺技、勝利の方程式、魔法の杖、聖杯などなど。

それでは再現性のある投資法とはどんなものなのだろうか。
単純に考える。

ガンダム社の株価が騰がるとガンキャノン社、ガンタンク社の株も高確率でツレ高する。
・麦わら帽子を作っている会社の株を冬に買うと儲かる事が多い。
移動平均線がxxxでxxxになった時にジオンの株を買うと80%の確率で上昇する。
・有名アナリストのカイシデン先生が推奨する株は的中率90%以上。
・晴れた日はホワイトベース社の株価は上昇する傾向が強い。
・株価横ばいだけど実は好業績で来期の営業利益が2倍になる会社の株を買うと儲かる。

適当に思いつくままに書いたがこういうのが再現性のある投資法と言える。
こういった必殺技をいくつ持っているか。このカードは多ければ多いほど戦い方に幅が出る。

なお、この必殺技はオリジナル度が高い方が効果が高い。
みんな同じ手法を使うと優位性が無くなってしまうので。

そして相場局面ごとに適切なタイミングで適切な手法を用いることができたら
安定して望ましい収益率を実現させることができる。

それでは、どうやったら必殺技(再現性のある投資法)をより多く身につけられるのか。
・著名な投資家の書籍を読むのか。
情報商材屋のお世話になるのか。
証券アナリストの資格を取るのか。などなど、どうすれば良いのだろうか?

自分は何よりも初めに「3つの記録を取ること」が大切だと考えている。
それは

1)収支の記録をつけること。
2)売買の記録をつけること。
3)思考の記録をつけること。

である。


(続きます。)

        • -

追記:このページ再現性のある投資法について、わかり易く書かれていると思います。勉強になりました。
確実に儲かる方法「魔法の杖」を持ってない人は証券ディーラーとして生きていけない : 市況かぶ全力2階建

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。