読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

立ち食いそば屋式 ポートフォリオの銘柄入替の考え方

あなたは「立ち食いそば屋 兜町そば」の店主です。

店主として、お店の利益を確保し続けるためにも
売上獲得のためや、売上が停滞してきた場合のテコ入れのために
季節ものや流行の食材を取り入れた新しいメニューを適宜考えて投入します。

しかし、券売機のボタンの数や在庫の制約条件から、新しいメニューを入れる時は
従来のメニューから何か商品を消さなくてはいけません。

さて、その時にメニューラインナップからどんなメニューを外しますか?

1)着実に固定ファンが増えている利益メニュー
2)利益こそとんとんだが景気に左右されにくい定番メニュー
3)売上が低迷しており損失を出してしまっているメニュー

さて、どうでしょう???




こうして文章で普通に考えると
3)の損失が出ているメニューを選ぶ方が多いと思う。

経営の観点から見てもマーケティングの観点から見ても
接客業のおもてなしの観点から見ても正解であろう。

しかしながら、個人のポートフォリオにおける銘柄入替の場合、
ナゼか人は利益が出ている銘柄を外して、
損失が出ている銘柄を持ち続けるという選択をする。


結果、券売機には死屍累々たるゲテモノ料理が並ぶこととなり、
兜町そば」は命運が尽きる日を待つこととなる。


そば屋の券売機もあなたのポートフォリオ
利益貢献するものを残して、不人気な損失メニューは外していくこと。
光り輝くポートフォリオを維持できるよう磨きをかけていくこと。

そうすれば利益は自ずと訪れてくる(はず)。

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。