読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

体調を崩すと相場への対応も崩れやすい

ちょいとこの数日やや体調を崩してている。

体調が悪い時に相場が自分の考えと逆行すると
途端に弱気になって手仕舞いをしたくなってしまう。

じゃあ、相場が順調に推移したらどうなるかというと
安心を得たいらしく、早く利益確定をしたくなってしまう。

早い話が「粘り」が無くなるのである。
体調の悪化 → 免疫力の低下 → 相場へのストレス耐性の低下 っていう感じ。

上記の状態を自覚した上で臨まないと
あっという間にポートフォリオがぐずぐずになってしまう。

同様の状況が二日酔いの時である。
酔いが醒めていくときに(離脱症状ってやつか?)とにかく不安になる。
暴落するんじゃないか、自分が間違ってるんじゃないか。などなどである。

この場合は午前中、株価を見ないようにしておとなしく過ごす。

株の売買はPC、スマホで操作するだけだから
体調は関係ないように思われるかもしれないが、実は関係が大有りだったりする。

健康の大切さ、40歳を超えてからより一層強く感じるようになったわ。
みなさまもどうぞお体大切に。

さ、早く治そう。

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。