株キチ日報

試行錯誤の日々(株式投資)

年賀状書いた。約20年ぶりに。だから相場力があがるはず。

先ほど年賀状を書き終えた。この後ポストに投げ入れればタスク完了である。

先日ようやく年末の諸々がようやく一段落したので一念発起、深夜に起き出して年賀状を仕上げたのだった。

約20年ぶりの年賀状。書いてみると新鮮な気持ちになれて良かったと思っている。

お世話になった方々への挨拶や、かつての恩師への感謝の気持ちなど、伝えたいけど何か億劫になっている自分がいて、それが心のどこかに引っ掛かりストレスになっていた。

住所録もwebサービスのサイトに登録したので来年からは同サイトでデザインを選べば自動的に両面印刷された年賀状が家に届く。後はひと言書き添えて投函するだけ。

これで今後の年賀状のストレスから随分と解放されることになる。

こういう小さなストレスをつぶしていくことで余計な精神力の消耗を防げる。

小さなストレスをためる。晒される。 > 精神力が消耗される > 相場に対する精神的耐性が下がる > 必要のない早掴み、損切り利食いなどをしてしまう。 > 儲からない。損をする。  > ストレスをさらにためる(ループ)

この悪循環を避けられる。すなわち相場力があがるはず。

たかが年賀状のことで。と思われるかもしれないが一事が万事。

体調の悪い時、家族と関係が悪化したとき、仕事上でうまくいってない時などは下手な売買をしがちである。程度の大小はあれどもそれと同じことかと思っている。

年賀状と相場力。一見関係なさそうだけど私の中ではつながっていますよ。というお話。

 

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。