株キチ日報

こんな感じで3億円up勝ち越し中。

8月20日 アセットアロケーションの大切さを今さら学ぶ。気付けてラッキー。

今日の相場はやや下げモード。日経平均大引け22199円(71円安 ▲3.2%)。

個人投資家が買い気にはやる月曜につき新興株中小型株が買われる流れに期待したが寄付から1時間持たずにグズグズモードに。我がポートフォリオもあわせてグズグズに崩れていった。

今日も7ケタ損失。損切りを坦々と続けた日。ポートフォリオ建玉高は直近MAXの3分の2まで縮小。明日も弱いようなら半分以下まで手仕舞う予定。逆に強くても様子見のつもり。

無理に勝負に出ないこと。この数カ月の損失を取り返したい気持ちが良くない方向に作用する可能性が強い。ロットを小さく抑えて流れの回復を待つのが吉と自戒する。

 

=======

 

最近運気が低迷気味だなと思い、こんな時は車を洗ってやろうと近所のガソリンスタンドに洗車に出かける。帰り道に通り雨に遭遇。なるほど、今自分はこういう流れにいるわけね。

 

=======

 

今日(昨夜)の読書はこれ。昨日に続きこれまた良書だった。今年読んだ投資本で5本の指に入るな。

寝る前に読み始めたらそのまま最後まで一気に読んでしまった。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

著書の運営する高名なブログ「梅屋敷のランダムウォーカー」はたまに読んでいたが、

個別株を売った買った、切った張ったをやってこその株式投資と固く信じている自分である。本書のタイトルを読んだ時点で「投資なめんなよ。」と感じてしまいこれまで読むのを避けてきた。

でも今回のやられを受けて分散投資インデックス投資を考え始めたので救いを求める気持ちで本書を読み始めた。

 

インデックス投資で国内債券、国内株式、外国債券、外国株式などにちゃんとアセットアロケーション組んでやればあなたは救われますよ。と書いてあった。

この本を読んでたらkidleが輝かしい光に包まれた。やんちゃヤンキーがケンカに負けて迷っている時に救いの宗教に出合ったような気分。

伝道師水瀬ケンイチさんありがとうございます。

 

たぶんもう少しインデックス投資ポートフォリオ理論などについて学んだ後に、現在の株式投資一本、信用レバレバなやり方とは違った投資スタイルを模索していくことになりそうな予感。とはいえ株式中心なのは変わらない予定だけど。

 

ちなみに10年前に「ウォール街のランダムウォーカー」は読んでいるのだがその時の自分の書いた感想メモには「理屈はわかった。説得力もある。しかし自分は個別株アクティブで勝負だぜ!」みたいな威勢のいい言葉が書いてあった。

今は自分のスタイルを考え直す気持ちでいる。謙虚になったのか、天狗の鼻を折られたのか。これが35歳と45歳の勢いの差なのかしら。

 

相場がうまくいってない時は危機感からか良書に出合える確率が上がる。というか良書と感じられるまでガツガツと読み込むことができるからかも。とにかく読書の効率が良くなる気がする。

だからたくさん読むです。

 

 

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。