株キチ日報

試行錯誤の日々(株式投資)

8月27日 ホントに悔しいですが。次の好球を待つことにしました。

本日の収支 プラス 記念銅像1体分くらい。

現在のドローダウン 約▲13%

 

今日も8月前半とは打って変わって中小型株、マザーズに資金が流れ入る。日経平均に比して小型株指数、マザーズ指数ともに高い上昇率を示す。

やはりどうやら自分が手仕舞いした火曜日が底だった模様。正直に何度も繰り返すが悔しい。損切りしたことではなく、建玉のタイミングが早過ぎたことと大き過ぎたことが。

 

さて、小型株マザーズともに谷が深かった分戻り幅も大きい可能性が高く、もしかしたらまだ今からでも参戦できるのかもしれない。が私は今以上に建玉を増やすことはしないことにした。

それってサーフィンで過ぎた大波を後から追いかけるようなイメージ。むしろこれから来る中波、小波を確実に乗りこなして次の大波に備える方が良いかなという考え。

 

バフェット師の名言に投資には見逃し三振が無い。好球が来るまで何球でも待つ。という主旨のものがある。

今回自分は好球をタイミング合わずで空振りした。だから今回の研究と反省を十分に行って次の好球を待つことにする。

 

=======

 

今日の読書は。。。

 

昔とある雑誌に読者のお悩み相談にハードボイルド作家の北方謙三が答える。という連載がされていた。

ミスターハードボイルドの北方氏らしく、回答は総じてハードボイルドな内容なのだが、有名なキメ台詞が「ソープに行け!」だった。説明の必要もないだろうが、くよくよしてないでとにかく気持ちよくスッキリして来い。というニュアンスかと。

「ソープ行け!」はその連載を読んでいた人々の間で今もって生きる名言である。

 

さて、私が言いたいのは先日数千万円の大損をこいたからソープに行ってスッキリしてきたよ。という話ではない。

 

女性版の北方相談を見つけたよ。ってお話。

今回はこの本(?)を読んだ。西原理恵子さんと壇蜜さんの対談なり。 例によってkindle unlimitedの読み放題にて。紙にして約50ページの対談集。

 

 

読者からの「モテたい」とか「男性に対して疑心暗鬼」とかいう悩み相談に

西原氏からは「チンコの多い場所に行け。」とか「まずはくわえろ。」「マツタケ狩りをしろ。」といったストレートな回答が相次ぐ。

壇蜜氏からはところどころきわどいツッコミやら追い打ちコメントが入る。また「家庭を壊さず愛人を持つには」の質問には「大金を持つこと」とのこれまたストレートな回答。

 

最初から最後までこんな調子で痛快楽しく一気読みできる本。

 

投資にはあまり役立つところないのかもしれないけど、愛人欲しければ大金が必要だということはわかったぞ。

サイバラファン、壇蜜ファン、クスリと笑いたい方どうぞ。

 

 

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。