株キチ日報

試行錯誤の日々(株式投資)

9月12日 余計なものを削ぎ落とした日。

メモ。

 

本日2年間持ち続けた株を全株手仕舞いした。売却利益は確保できたがパフォーマンス的にはインデックスにも負ける内容。正直言ってエクセレントではない株を買ってはいけない期間に買ってしまったという感じ。

簡単に言うともしかしたら仕事に関係するかもという期待とつまらない意地や見栄などが邪魔をして株価を企業価値を見る目が曇ってしまった。

 

売りたい手放したいと1年くらい悩み続けた末に今朝売却を決断した。 

決断のきっかけは今朝、自分のやりたいこと、目指していること、この企業の株を持ち続けることの意味、プラス点、マイナス点を紙に書き出したこと。そうしたらあっけなく「全部売り・手仕舞い」の結論にたどり着いた。

長い間悩む前にとっととこの紙に書きだす作業やればよかった。バカみたい。

 

自分なりに計算したところこの株を持ち続けたことによるチャンスロスは約6千万円にのぼる。不倫でロクでもない異性に引っ掛かってしまい人生の貴重な時間を無駄にした痛い人みたいだ。アホだ自分。

 

相場は相場。純粋に相場のことだけを考える。

KISSの法則。いらんこと考えないで Keep it simple and stupid. で行く。

 

さ。仕切り直しだ。

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。