読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

トレーダーの精神分析 ちゃんと読めば投資力が上がる本。

儲かる読書

この本読了。良書だった。

今ならkindle読み放題サービスの対象だわ。

 

トレーダーの精神分析

トレーダーの精神分析

 

 

どのように株を売買すればよいか。ではなく、
いかに学び、成長していくか。について書かれた本。

ハイライトした箇所をいくつか紹介。

 

「強気相場を自分の腕と間違えるな」

まさにその通りだなと。上げ相場だと増える儲け自慢のブログの多さよ。自戒を込めて。 

 

ベテラントレーダーと大胆なトレーダーはいるが、ベテランで大胆なトレーダーはいない

長く相場をやってる方って臆病なほどに慎重だわな。

 

同教授はチェス名人の正規の指導と成績の間には多少の相関関係があるとしているが、将来の成績を占ううえでコーチによる指導はほとんど予測変数には入らない。将来の勝敗を決めるのはむしろプレーヤーの累積的な練習時間と読破するチェス専門書の冊数であるという。

興味深かった一文。相場にも通じるものがあると思った。

 

謙虚さを失ったトレーダーは、遅かれ早かれ自ら墓穴を掘ることになる。チャンスはまたやって来るので、損失などはすぐに取り戻せると考えるトレーダーは、その楽観的な自信ゆえにお金の価値というものが分かっていない。パブロによれば、「この世界の恐いところは人間を変えてしまう」ことで、皮肉なことに大きな失敗だけでなく、大きな成功もよくそのトレーダーをダメにしてしまう。大きな成功を手にし、贅沢な生活に慣れたトレーダーは、心理的にももう一度謙虚に学び直すということができない。 

謙虚さ。確かにこれを忘れたころにいつも痛恨の一撃を喰らう。 

 

新しいマーケットに適応できるかどうかは、そのトレーダーの心がフレキシブルかどうかによって決まる。いいときに資金を蓄えておけば、苦しいときでも耐え忍ぶことができる。技術は直線的ではなく循環的に向上していくので、それに応じてトレーダーも変わっていかなければならない。トレーダーは「すべてが変わっていく」ということを肝に銘じるべきだ。 

循環的というからせんを描いて上昇していくイメージ。 

 

 彼ら・彼女らがトレーダーとして成功しているのは、素晴らしい指標を見つけたからでも、またはトレーディングの秘策を持っているからでもない。単に自分の適性と能力を生かせるニッチを見いだしたからにほかならない。彼ら・彼女らにとってトレーディングは心からおもしろく、また経済的な見返りも大きいので、その学習曲線がぐんぐんと上昇しているのである。このようにその人の適性と能力、チャレンジ精神などが一致しないと、トレーディングの分野でも成功することはできない。

 自分に適正に合ったやり方、戦場の発見。これってホント大切だと思う。

 

 「ストレスを引き起こす刺激状況に慣れるベストの方法は、安全な状況の下で繰り返しその状況を追体験することである」

これ、何かわかる気がする。ただし自分でどうやってその状況をつくり出すかはわかってないけど。

 

 確信的な結論は、「トレーダーが抱えている心の悩みの多くは軽度の心的外傷である」ということである。そしてそうした心のトラウマの多くはトレード以外の要因ではなく、トレードそのものの問題によって引き起こされている。もっと具体的にいえば、トレーダーがそうした心のトラウマを抱くのは、①正しい訓練を受けないでトレードした、②資金規模と自分の能力を超える大きなポジションを取った、③頻繁なトレードを繰り返して破産のリスクに直面した――ときである。

 なるほどそうかも。トラウマあるわ。

 

 「われわれが力ではなく、最後の審判者としての理性によってトレードで生計を立てるとき、勝利のベストの収穫物は最高の判断力と実行力である。利益の大きさとはそうした生産能力を反映したものである」     ――アイン・ランド

 そうか。利益は副産物と考えるのもありだな。

 

実はトレードで利益を出したり、トレードをするのかどうかということはそれほど重要ではない。大切なことは自分を自己決定力のある自由な存在にするための人生を見つけることである。これと同じようにトップトレーダーやトップパフォーマーになることが重要ではなく、自分の才能を表現し、自らの真価を発揮できる活躍の場を見つけることこそが大切なのである。 

大切なのは自由の獲得だ。 

 

500ページ近くあり、とっつきにくい感じもある本だったが自分にとっては読書に費やした時間対効果においてリターンの方が圧倒的に高い本だった。

トレードの経験をある程度積んだ方向け。手詰まり感を感じている方、成長意欲の強い方向け。

トレードのスキルを分解してみると利益が上がりやすくなる。という話

儲かる思考の記録 儲かる読書

トレーダーの精神分析 という本を読んでいる。まだ読了してないけど良書だなという感触。

 

その中でなるほどなあ。と思った表があったのでご紹介。(画像kindle画面を撮影したもの。)

 

f:id:kattauttamoukatta:20161118052700j:plain

 

株を売買するという一連の行為を分解するということに納得した次第。もっと細かく分解できるだろうし、トレードスタイルによっては項目が違ってくると思う。

ただ、少なくともいえることは、このように分解して必要なスキルを意識して磨き上げていくことで勝率を上げることは可能だろうなということ。

例えば野球におけるバッティングのスキルは上半身、下半身、配給の読み、バットコントロールなどなどに分解して考えられるだろう。営業マンの顧客獲得スキルもアポ取り~クロージングなどに分解して考えた方が弱点をつぶしやすい。

株の売買に関してはどうしても「上がる銘柄探し」ばかりを考えてしまいがちになる。しかし、トレードをする目的が「上がる株を当てること」ではなく「利益の獲得」だと考えて、自分のスキルを分解して見直してみると結果は変わってくるのではないだろうか。

 

トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる (ウィザードブックシリーズ126)

トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる (ウィザードブックシリーズ126)

  • 作者: ブレット・N・スティーンバーガー,関本博英
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2007/09/13
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 1人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

kattauttamoukatta.hatenablog.com

 

何のために株を売買しているのかを考え直してみた。

儲かる思考の記録

先日当ブログに、とある企業の株を四季報に名前が出るレベル(株主名簿上位10位以内)まで買ってしまい、好奇心と虚栄心から売りにくくなってしまった。と書いた。 

 

kattauttamoukatta.hatenablog.com

 

手に余計な荷物を持ったまま戦いに参加している感じね。

 

1週間ほど前に最近話題の「やりぬく力(GRIT)」という本を読んだ。

その中にバフェット氏がお抱えのパイロットに目標達成法を伝授するくだりがあった。その部分を抜き出す。

バフェットは3つのステップを説明した。
1.仕事の目標を25個、紙に書き出す。
2.自分にとってなにが重要かをよく考え、もっとも重要な5つの目標にマルをつける(5個を超えてはならない)。
3.マルをつけなかった20個の目標を目に焼きつける。そしてそれらの目標には、今後は絶対に関わらないようにする。なぜなら、気が散るからだ。よけいなことに時間とエネルギーを取られてしまい、もっとも重要な目標に集中できなくなってしまう。

ほほう。と思って実際に自分もやってみた。

四季報に名前を乗せる(投資家として名を馳せる)。というのは25個の中に確かにあった。でも「もっとも重要な5つの目標」には入らないことがわかった。

重要な5つの目標の中でも上位に来たのがこれ。

「自由度の高い人生の維持」

これに気づいたときに、今持っている株で自分は自分の自由度を狭めていることに気づいた。

そんなわけで、現在その企業の株を少しずつ売却していっている。

手放すたびに背中に羽が生えてきたような気分になって気持ちが良い。

 

やり抜く力

やり抜く力

 

 

暴落の後の急回復は自己のポートフォリオを見直す好機会

儲かる思考の記録

トランプさんが大統領選挙に勝利と。

それを受けて11月9日の日経平均は920円安。プチ暴落だな。トランプ大魔王降臨!みんな逃げろ~!な感じ。

一晩経って翌10日は1093円高。トランプ閣下バンザイ!ついていきます!!な感じ。

やっぱりマーケットって面白いね。

 

さて、それはさておき、今回の暴落前→暴落→急回復があった場合、自分のポートフォリオのパフォーマンスは要チェックね。

今回の暴落→戻し の時は以下のプロセスが起きてるはずだから。

1)今回のようなサプライズによる相場全体の急落

2)恐怖による個人の投げ売り、追証発生による決済、投信の自動執行などによる更なる売り。良い株悪い株関係なしに売られる。

3)売りが売りを呼び市場参加者のキャッシュポジションが高まる。

4)何らかのきっかけで相場が反転する。

5)市場参加者はキャッシュポジションが高まっているので買いに回る。

6)しかしそのキャッシュで上記2)3)で売った株を再度買い戻すとは限らない。

7)多くの市場参加者は好業績株や人気株、話題株に注目する。

8)業績の良い株にお金が流れ込むようになる。

9)同時に業績の悪い株、材料の無い株にはお金が流れ込む量が減る。というか流れ込まない。

10)すると、好業績の株は良くあがって以前の株価以上をつける。

11)悪業績の株には資金が流入せず暴落時と変わらず下がったままになる。

 

早い話が自分の証券口座の総額が

11月8日大引け後 < 11月10日大引け後  であればOK。自分のポートフォリオは正しく機能していると考えられる。

逆に 11月10日の口座資産が11月8日よりも低ければ ポートフォリオに何らかの問題が潜んでいる可能性が高い。見直しが必要かも。

ざっとこんな感じかな。

今回のような暴落~急回復の場面は短期間で自己のポートフォリオの見直しができる好機会。

以上、ご参考まで。

 

損失が発生した後の対応 。今と昔の違い。

儲けられなかった失敗体験

そんな次第で昨日の続き的に書く。

 

kattauttamoukatta.hatenablog.com

 

今回の一連のマイナスにおいて、単日で1000万円を超す損失を出した日があった。

 

f:id:kattauttamoukatta:20161106172125j:plain
(自らの愚行の結果をアップしておく)

 

単日1000万円超の損失は、過去10年余りの収支記録によると今回で8回目である。初体験が5年前の春。後は毎年1~2回不定期に痛い目に遭ってきた。昔は精神的な立ち直りに数週間の時間を要していたが、最近では少しずつ免疫がついてきたのか切り替えが早くなってきた感がある(もっとも総資金が増えたというのが大きな要因でもある)。

株を始めたばかりの頃に1日で100万円の損失を出した日があり、その日は夜から熱が出て2~3日寝込むことになった。それからみると成長したなあ。。

大きな損失を出した後における昔と今の大きな違いは

1)資金管
昔 ‐ 損を取り返そうと大きな勝負に出てしまう。
今 ‐ いったん手仕舞いをして小さくスタートさせる。

2)売買手法
昔 ‐ 乱高下する仕手株、材料株、話題株に突っ込んでいく。
今 ‐ 落ち着いて研究をやり直す。自分の投資機会を探す。

3)精神状態
昔 ‐ 焦り。怒り。受容できない気持ち。
今 ‐ 反省。悲しいながらも受容。次なる成長意欲。

こんな感じかな。

まあ、だんだんと精神的に鍛えられてきてんだろうな自分。
お金の器はいきなり大きくはならないからねえ。

 

今の新しい課題は虚栄心をどうするか。である。

投資に不要なのは虚栄心とわかりつつ。。

儲かる資産運用 儲けられなかった失敗体験

10月26日大引け時点

f:id:kattauttamoukatta:20161027012931j:plain

 

↓↓↓ それから6営業日経過 11月4日大引け次点

 

f:id:kattauttamoukatta:20161105155700j:plain

 

ざっと2000万円の損失を出したわけね。

 

この1週間ちょいで起きたことは主力銘柄群の大幅なる下げ。

その企業たちの四半期決算の発表がこの間にあったんだけどその数字を市場が評価しなかった模様。

自分的には良い決算数字に思えたのだが株価は下げ続けている。経験則ではこういう場合、自分が間違っており市場が正しいと考えるのが正解。いつもなら即座に手仕舞いするのだが今回は初動の下げに追随して売却できなかった。というよりあえて強気の姿勢を取り続けてしまった。

理由は簡単。自分の中の虚栄心がそれを妨げたのである。

どういうことかというと、四季報に名前が載るくらいにその企業の株を買ってしまっていたのである。

一投資家として上場企業の上位株主になってみたいという好奇心とつまらぬ虚栄心が数字を見る目を曇らせ、売買指示をだすクリックボタンを重くしてしまったということね。

 

手段と目的をはき違えてるよね。四季報に名前が載るなんて大事の前の小事だわね。自己資金が大きくなっていくと放っておいても名前が出るようになる。そこまで成長せずに目先の虚栄心を追ってしまう。いかに自分が小物かを表すいい事例だわ。恥ずかしい。

 

とりあえず建玉の大幅な整理をして頭の中をスッキリさせることにする。

 

おまけ:
というわけで信用建玉は全決済した。しかしながら主力株の現物分についてはまだ未練たらたらだったりする。スッパリ損切できればいいのだがそれなりの思惑があって時間かけて買い集めた株だし、虚栄心は捨てきれないし。

バイよね。こんな状態。

 

以下一文、我が投資バイブル「生き残りのディーリング」からの抜粋:

 「評価損は、実現損よりも性質が悪いのです。実現損は過去の損ですが、評価損は生きています。これからどこまでも成長する可能性を秘めているのです。また、損を切れないことを正当化するための相場勘が用意されます。そうでもしないと、自己矛盾に至るからです。」

 矢口新著 生き残りのディーリング  テーマ86 損切の徹底 より

 

実践 生き残りのディーリング 現代の錬金術師シリーズ

実践 生き残りのディーリング 現代の錬金術師シリーズ

 

 

 

経験、年齢、知名度が関係ない仕事

雑記

昨晩(11月1日)の夜、林修のいまでしょ!講座 を見ていて 講師の北村晴男弁護士が自分が弁護士になった理由は会社員が自分には向いていない、何ができるかと考え抜いた末選んだのが今の弁護士という仕事とおっしゃっていた。

また、弁護士の仕事の魅力として、
1)経験が関係ない。
2)年齢が関係ない。
3)知名度が関係ない。
法廷というフェアな場所で実力で勝負できる世界だからだ。という内容のこともお話になられていた。

このお話をお伺いしながら、株式投資に当てはめて考えてみた。

1)経験が関係ない。学歴経歴も関係ない。
2)年齢が関係ない。性別も国籍も関係ない。
3)知名度が関係ない。そもそも原則的に売買相手が見えない世界。
しかも、
4)資格が必要ない。誰でもなれる。
市場というフェアな場所で実力で勝負できる世界。それが株式投資かなと。

そう考えると株式投資って素晴らしい。と思えた秋の夜。

怖くもあるんだけどね。もちろん。

 

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。