買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

株10月の成績。とその反省。

日経平均月間上昇率は8.1%。

21営業日の勝敗は19勝2敗。最長連騰記録16営業日連続のプラスを達成。全盛期の田中マー君のような成績だな。

 

この上げ潮の中自分の株パフォーマンスは。。

堂々のマイナス2%。

21営業日8勝13敗。ローテーション5番手投手の戦績といった感じ。

 

やることなすことことごとく裏目に出た1ヶ月だった。

一番の敗因は自分のお金の器が未熟であること。だと考えている。

ポートフォリオを組んで日々株価が上下する。パーセンテージで見ると小さな損失なのだが、金額で見ると1日に数百万円のロスになってしまう。これにビビってしまうこと。

今の投資金額と手法だと2日続けて逆方向に相場が動くと1千万円ほどのロスが出たりする。すると目まいがしてきて自分が時間をかけて研究した投資手法や銘柄を最後まで信じきれなくなってくる。で、あらかじめ設定したはずのロスカットルールに抵触する前に途中で怖くなって手仕舞い。オールクリアしたところで自分が想定していた方向に相場が動き出す。といった感じ。

投資の戦術や方向性はあっている。が、投資ルールを順守できていない。それはお金の器が未熟だから。という考えね。

解決策として考えているのがこんな感じ。

1)投入する資金を小さくする。
2)自分のお金の器を大きくする。
3)パーセンテージでしか物事を考えない。
4)ポートフォリオの組み方を見直す(分散を意識)。
5)新しい投資手法にシフト。
パッと思いついたものを列挙してみたけど多分採用するのは2)と4)かな。

特に2)は時間がかかる事だけど、この先も向き合っていかなくてはならない課題だからね。

 11月もこれまでの投資手法に従って進めていく。坦々とコツコツと地力を養っていく。

投資とマラソンの共通点。

スポーツの秋。そして長く続くマラソンブーム。

自分の周りにもマラソン愛好家が多いようで毎週末のようにFacebookのタイムラインにマラソンの画像やら完走報告が流れるようになった。10月の雨の中の完走など、走ることが好きではない自分にしてみると理解しがたい光景である。

マラソンが好きな先輩、同年代の方々に話を聞くと楽しいと感じるポイントに挙げられるのは40を超えても50を超えてもタイムを縮めていくことができる点。頑張った分だけ成長を感じられる点だそうだ。

人間ていつでも成長を喜びに感じられる生き物なんだね。いいねマラソン。ステキだね。自分は走らないけど。

で、これって投資にも共通する点だと思う。投資もいろんな書物、書類を読み込み、自分で考えて仮説検証を繰り返せばその分だけ成長を感じられる。マラソンタイムの変化のように自分の口座残高の増加を体験できる。

そして50歳を過ぎてからでも始められる。

歳をいってからも始められる趣味として、マラソンは成長の喜びと健康を同時に手に入れられる。投資は成長の喜びと資産を同時に手に入れられる。ともに良い趣味じゃないか。

ふとそう思った。

 

(ただし、両方ともやり過ぎ、誤ったやり方の採用は危険な結果を招くのでその点は注意が必要ね。)

 

日経平均16連騰の新記録の中、株で億を稼いで来た自分はどのような成績か。

日経平均がその記録史上最長の16連騰をしているそうな。大相撲なら全勝優勝。勝率が5割だとしたら2の16乗で1/65536の確率。

16連騰で 20356円→21805円と7%強の上昇率。

外国人の買いが主役との観測。

 

そんな中、自分の成績は・・・マイナスである。何とか水面下すれすれをウロウロしてるというレベル。

金は天下の回り物というけれど今回は私のところは巡回ルートに入ってないようだ。

16営業日の勝敗は6勝10敗。相撲なら負け越し。

ロングショートが主な売買手法なので相場の連騰自分のパフォーマンスはほとんど関係ないんだけど自分だけ置いてけぼりを食ってる感じ。正直焦りますな。

 

しかしながら、経験則ではここで焦って買い主体に方針転換するとカウンターパンチを食らって深手の傷を負う。というのがお決まりパターン。今まで稼げてきた手法があるのならその手法から大きく外れることをするのはリスクが高い。

じっと我慢。今利益が出せてないのは自分の企業分析力、データ解析力の不足が主原因。周りはお祭りでも自分は家でコツコツ四季報や決算チェックを積み重ねるのです。他人様は他人様。自分は自分。 

 

NYが大幅高をしているので日経先物も連れ高。今日も上げる可能性が高いなと。

さ。今日も我慢我慢。相場の儲けは我慢料。我が師の教えです。

株で勝つ方法。(のヒント)

先ほど日経新聞朝刊の投信トレンドを読んで絶望的になったと書いた。

その左隣にあったこの記事はホントに投資のヒントになると思う(10月14日土曜日の日経新聞朝刊ね)。

 

f:id:kattauttamoukatta:20171015135632p:plain

 

以前、当ブログで投資アイデアの見つけ方を紹介した。

kattauttamoukatta.hatenablog.com

 

大切なことは

1)コツコツ継続すること。

2)人とは違うことをすること(独自の視点、考え方を持つこと)。

 

インスタントな銘柄選択法では他者に差をつけられない。けど、月次を自分で追いかけるだけでオリジナルの武器を手にすることになる。

 

 

日経より。投信トレンドの記事を読んで軽い絶望感を味わった。

昨日土曜の日経朝刊より。見出し見た瞬間軽い絶望感が襲ってきた。

 

f:id:kattauttamoukatta:20171015054349p:plain

 

この程度の上昇で利益確定させてたらいつどこで儲けるのよ。という気分。株(投信を含む)で資産を増やしたければ「利食いは遅く。損切りは早く。」が鉄則だと思うけどね。(自分はこれ守って億を稼ぐことができたわけだし。)

 

これは株高がいくら実現したって個人投資家の資産が増える。というシナリオには結び付きにくいのではないだろうか。貯蓄から投資への促進その前に金融リテラシーを高める教育の方が先だなと確信したわ。

このままだと日経平均が3万円になっても多数の老後の経済事情は暗いままだろうなあ。

 

未来の年表【投資ネタ満載】

日本に住んでて大丈夫か。と考えてしまった本。 

 

ちょうど今朝の日経に広告出てたので貼っとく。売れてんだね。

f:id:kattauttamoukatta:20171006043743p:plain

 

内容は広告を見ればわかってもらえると思うので割愛。2時間もあれば読める本なので一読をおススメする。

間もなく確実にやってくるであろう幾多の困難を直視させ、絶望的な気分に浸してくれる本だった。

が、そこは投資家。負けるもんか。投資ネタになるじゃん。というヒントをたくさんいただけた本でもあった。明日明後日値上がりする株は見つからないけど、今後の投資において大きな潮の満ち引きを考える上で役に立つ。そんな地力をつける系の本。

 

ドラッカー先生も仰ってるからね。人口の動態変化はすでに起こった未来なのよね。

投資は未来予測ゲームの一種だぞ。

 

すでに起こった未来―変化を読む眼

すでに起こった未来―変化を読む眼

 

 

 

おまけ:これ日経新聞朝刊の見出し。

f:id:kattauttamoukatta:20171006045839p:plain

M&Aの仲介会社はますます栄えるのかもね。中小企業向けなら6196ストライクという印象があるなあ。

 

 

 

 

マーケットはこんな場所ということを覚えておこう。

今朝の日経新聞コラム春秋にも出ていたがラスベガスの銃乱射事件を受けて銃関連の株価が値上がりしたそうな。

 

f:id:kattauttamoukatta:20171004073450p:plain
画像:10月4日日経新聞朝刊春秋より抜粋

あと、同様にこんな記事も見かけた。

CNN.co.jp : 銃関連銘柄が軒並み上昇、米ラスベガスの銃乱射事件受け - (1/2)

CNNのこの記事によると銃規制が行われるという予想からその前に銃を買おう。という人が増えるからということらしい。

単なるガンマニアもいれば、自己防衛の意味での需要も呼び起こしちゃうんだろうね。

銃乱射事件 → 銃規制観測 →  銃関連株価下落  かと思いきや

銃乱射事件 → 銃規制観測 → 駆け込み需要 → 銃関連株価上昇 らしい。

もう少し過程を詳しく書くとこんな感じかしら。

銃乱射事件 → 銃規制観測 → 駆け込み需要(ガンマニアなど) → 将来自分だけ銃を持たぬこと(持てぬこと)への恐怖 → 今まで持たなかった層も自己防衛用の銃を買う(ますます銃器あふれる社会の形成) → 銃関連株価上昇

 

銃乱射事件の悲劇がその道具を提供する会社の株価を押し上げる。何とも皮肉というかやるせない気持ちにさせる現象だ。私たちが参加しているマーケットってこんな場所なんだね。一参加者として覚えておこう。

 

そうえいば核開発をめぐっても同じようなルートをたどってるんだよね。個人レベルでも国レベルでも仕組みは似ているようだ。

 

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。