読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

相場で勝てなくなってきたら読んでみよう。「一流の逆境力」

5月も残すところ2営業日。
今日まで日経平均9連騰、4月末から5%の上昇と強いです。
ポートフォリオが自己最高レベルに突入した方も多いのでは。

ちなみに私のポートフォリオは今のところマイナスです。。
そんな逆境下にいる自分が本日読んだ本がこちら。


一流の逆境力 ACミラン・トレーナーが教える「考える」習慣 (SB新書)

一流の逆境力 ACミラン・トレーナーが教える「考える」習慣 (SB新書)

■個人的おススメ度:★★★★☆

■読もうと思ったきっかけ:
相場をやってると毎日が逆境のように感じている。
逆境に強くなる。克服できる。などのヒントがないかなと思ったため。

■読書時間:208ページ 約1時間ちょっと (kindle版)

■内容:副題にある通りの本。「ACミラン・トレーナーが教える「考える」習慣」

イタリアの有名サッカーチームで16年間
選手のコンディション管理などをしてきたメディカルトレーナーさんの著書。

著者が実際に接してきた超一流、一流の選手達が、
ケガや不調や人間関係などで「逆境」に陥った時に
どのように考え、行動して逆境を乗り越えるのか。

トレーナーとして選手を支えてきた立場だからこそ得られた
独特な体験や知見に基づいて書かれている。

■よもやま話(読後感やらテキトーに 私なりの解釈)
著者によると
一流選手は逆境においても「いつもの倍以上練習して頑張らねば。」
とはやらないそうな。

ではどうするかというと、
「いつも自分がやっていることをコツコツと積み重ねる」とのこと。

要するに、自分が今までやってきたことが正解である。という自信があるため、
それをコツコツと繰り返し、積み上げていくことで逆境を抜け出すようである。

このくだりを読んでいて思った。

10年も相場をやっていて
資金の20%を超えるドローダウン(損失)は何度も体験してきた。
東日本大震災では一気に資金の6割を吹っ飛ばした。

まさに毎回が逆境だなあと感じてしまう。
(全部自分が原因で逆境を招くんだけどね)

しかし、その逆境において自分が今までやってきたことはいつも同じ。
コツコツ今までのやり方を積み重ねる。それのみである。

そういう時にこそ起死回生、一発逆転のトレードを狙ったりはしない。
再現性のあるトレードの機会を待っては愚直に同じことを繰り返す。

ただそれだけである。派手さもバクチ的要素もほとんどない。

このやり方でいいのだ。そう感じさせてくれた本。
(あ、ただし自分の投資力が一流とは限らんのだな。)

プロスポーツや将棋など、勝負の世界で一線級の方の書かれた本は
投資に役立つことがたくさん書いてある。
この本もとても参考になった。


■この本をオススメする方
・スランプ的な逆境に直面している方
・常に上を向いて戦っていきたい方

■この本をオススメしない方
・勝負、挑戦が嫌いな方
・本を読むヒマもないくらい忙しい方

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。