読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った売った儲かった

もしくは売った買った儲かった

相場で勝てるようになるためのFacebookの使い方

一応私もFacebookのアカウントは持っている。友人も3ケタ台を数える。
しかしながら、私のタイムラインには友人の投稿する情報がほとんど表示されない。

それはなぜか。

理由は単純。
勝ってる投資家、注目している経営者、信じられるエコノミスト
嗅覚のあるマーケッター、独特の視点のオピニオンリーダーなどなど
こういった方々のFacebookアカウントをフォローしまくって、
その方々の発信する情報でタイムラインを埋め尽くしているから。

一言でいうと、勝ちぐせのついてる方々の情報を浴びるため。である。


念のため補足。
Facebookでは気になる人のタイムラインを追っかけるのに
友達申請ではなく、その人を「フォローする」というやり方がある。
全員にできるわけではないが、著名人の多くはフォロー可になっている。


で、本来の友人たちのアカウントはこちらから探して
クリックしていかないと表示されないレベルに下げてある。というわけである。

義理や付き合いでFacebookの「友達」になった程度の方々の
今日は高級レストラン、ただいま海外バカンス中といったどうでもいい報告や
俺たち一生の友達!という集合写真や、俺って意識高いだろ。などのリア充自慢で
タイムラインが侵食されるのはもったいないと思ってしまう。


折角の機会だからSNSによる恩恵に浴さないと。
投資に有効活用するのであれば、勝ちぐせを持っているであろう方々が
普段何を考えてどのような情報を発信なさっているのか、
SNSを利用すれば浴びるように触れられるようになる。

ご存知の通り、勝ちぐせ、負けぐせって伝染するからね。

というわけで勝ちぐせをつけるためにも
Facebookでは上記のような使い方をしている次第。

私なりのFacebookの使い方のご紹介まで。

当ブログの情報の追加、変更、修正、削除等により利用者または第三者に生じたいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。